テレフォンセックスで触れられないもどかしさを存分に味わう時間を演出する

2016-08-23

テレフォンセックスでは当然ながら相手に触れることができません。相手に触れられない中でどうやって相手との心理的な距離について詰められるかということがポイントになります。上手く離れている相手に対して寄り添うことができれば、離れていたとしても一緒に寄り添っているような感覚が味わえるわけです。そういう感覚が味わえるのであれば、うまく距離を詰めることができている証拠でもあります。

■どれだけ異性をリードできるか?

テレフォンセックスが上手な人というのはうまい具合に異性をリードすることができたりします。異性をリードするためには何度も回数をこなさないといけないでしょうし、それなりのテクニックが必要になってきます。魅力的なプレイを展開できる人というのは一緒に寄り添っているような感覚が味わえて、うまく距離を詰めることができたりもします。

実際に触れることができませんのでもどかしいところはあるわけですが、うまくリードすることができればたとえ離れていたとしても、うまい具合に近くにいるような感覚が味わえるわけです。そうなっていくと何よりも距離が縮まって相手に対する親しみやすさが増します。

■思わず一緒に居たいと思われるかどうか?

テレフォンセックスにおいて居心地がいい空間を作ることができるのであれば、思わず一緒に居たいという風に感じることができるでしょう。そういうスタンスを確立することができれば、リアルに出会うということもできるようになるかもしれません。

■もどかしさを感じられるかどうか?

テレフォンセックスにおいて上手にエスコートすることができれば、一緒に居るような感覚を得ることが可能です。そういう感覚が得られると思わず一緒に居られないことについてもどかしさを感じるかもれません。

テレフォンセックスで触れられないもどかしさを存分に味わう時間を演出する

テレフォンセックスでは当然ながら相手に触れることができません。


Copyright© 2016年8月23日 リアルセックスよりも素敵なテレフォンセックスにする為の心得
http://www.aidsjaago.com All Rights Reserved.