Archive for the ‘テレフォンセックスの心得’ Category

話すのが苦手でもテレフォンセックスは楽しめるのでしょうか?

2016-09-16

テレフォンセックスをやるのであれば、会話をしっかりとしないといけません。実際に触れることができませんので、会話で相手を楽しませないといけないです。しかし、会話が得意でない人も中にはいるのではないでしょうか。そういう人であってもテレフォンセックスを楽しむ方法はあるのでしょうか。

■消極的な態度はNG

テレフォンセックスが声だけで表現しないといけないわけですから、消極的な態度で臨むのであれば、異性とうまく行く確率は低くなるでしょう。しゃべれないということはテレフォンセックスの世界ではきついという風に思うべきです。できることであれば、積極的に話すようにしてください。

■自分が聞き役に徹するのもアリ

話すのが苦手ということであれば、自分が聞き役に徹してうまく相手にしゃべらせるということでもいいでしょう。つまり、受け身的な態度を取り続けることです。上手く受けることができれば相手も喜んでくれるでしょう。

■テレフォンセックスに慣れることが大事

初めは緊張してなかなか話すことができないという人でも、だんだん親密になるにつれて自分の本当の姿を見てもらうことができるわけです。相手と自分のスタイルを早く把握することができれば、無駄なことをやることが無く利用することができるでしょう。

慣れることは何よりも大切で、慣れによって自分がさらに積極的になろうという気が起こってきます。積極的になってくればどんどん楽しめてくるでしょう。

■早く自分なりのスタイルを確立すること

消極的な態度で話すのが苦手であっても、だんだん慣れてくれば積極的になってくるものです。早く慣れて自分なりのスタイルが確立できれば怖いものはありません。自分が聞き役に徹するというのもいいでしょう。

リアルに会いたいという気持ちよりはテレフォンセックスに専念する

2016-09-05

女性はテレフォンセックスだけをやりたいというような人もたくさんいるわけですが、男性はテレフォンセックスにとどまらず最終的にはリアルな出会いにまで持ち込みたいというような人が多いです。男性としてはリアルな出会いに持ち込みたいというのはわかるのですが、それを全面的にアピールするのはやめておいたほうがいいでしょう。

■出会いを求めたいのであれば、テレクラなどを利用したほうがいい

テレフォンセックス自体がリアルな出会いを求めているわけではないです。電話口でセックスをやることがあくまで目的でありますので、出会いを求める下心があったとしても、その場ではテレフォンセックスに注力するべきです。仮に出会いをすぐに求めたいのであれば、テレクラや出会い系サイトを利用すればいいわけです。

いくら会うことが目的であっても、それを全面的に打ち出してしまってはいけません。それではコンセプトとのずれを生じることになるだけですので、そこにだけ注意をすればいいのではないでしょうか。

■自分の魅力を認めてもらうことに注力するべき

テレフォンセックスをやる時にはお互いの相性の良し悪しというのは気になるものです。相性が仮によかったというのであれば、テレフォンセックスだけで満足するかというとそういうことではないでしょう。あくまでテレフォンセックスを楽しんで、とても良かったなと言う風に感じた場合に限り、本当に出会ってセックスをやるという可能性が見えてきます。

■テレフォンセックスに集中しないとその先の展開はあり得ない

男性の中には出会いを求めたいというような欲望があるかもしれませんが、テレフォンセックスをやる時にはそれに集中して相手を満足させることが重要です。相手を満足させることができてはじめてその先の展開が出てくるわけです。

テレフォンセックスを家でやるからこそ準備しておいた方がいいものもある

2016-08-31

大抵の場合はテレフォンセックスを家にある自分の部屋でやるという人が多いのではないでしょうか。プライベートな空間でやったほうが思い切って性の解放ができるわけです。しかし、家族と同居している時にテレフォンセックスをやるとなるとそれが見つかる可能性があります。それをやっていることが見つからない様に何らかの対策をやっておいたほうがいいでしょう。

■マイク付きのイヤホンは便利

一人暮らしの人には不要ですが、家族で住んでいた人であれば持っておいたほうがいいでしょう。家でテレフォンセックスをする時にマイク付きのイヤホンを付けておくと便利です。テレフォンセックスをやると興奮していき、だんだん声が大きくなってきます。そこでマイク付きイヤホンが活躍します。家族が帰ってきたからと言って声を小さくするわけにはいきませんので、それを装着することによって今まで通りやることが可能です。

■バイブを持っていると刺激を加えることができる

言われたことをやるのではなく相手に言われて何か刺激を加えることができればもっと楽しくなるでしょう。こちら側でバイブを持っていれば自分からあそこに直接刺激を加えることができます。自分が刺激を加えられて気持ちよくなるだけでなく、相手の気持ちよさを誘うような使い方ができれば、相手のスタンスに応じた刺激を加えることができるようになるでしょう。そうしたら、自分でもどんどん気持ちよくなってくるのです。

■自分で気持ちよくなるような道具を用意していくといい

テレフォンセックスにおいて自分で気持ちよくなるような道具を用意していけばもっと楽しめるようになるでしょう。マイク付きのイヤホンは家族で住んでいる人が楽しむために用意しておいたほうがいいでしょう。

テレフォンセックスで触れられないもどかしさを存分に味わう時間を演出する

2016-08-23

テレフォンセックスでは当然ながら相手に触れることができません。相手に触れられない中でどうやって相手との心理的な距離について詰められるかということがポイントになります。上手く離れている相手に対して寄り添うことができれば、離れていたとしても一緒に寄り添っているような感覚が味わえるわけです。そういう感覚が味わえるのであれば、うまく距離を詰めることができている証拠でもあります。

■どれだけ異性をリードできるか?

テレフォンセックスが上手な人というのはうまい具合に異性をリードすることができたりします。異性をリードするためには何度も回数をこなさないといけないでしょうし、それなりのテクニックが必要になってきます。魅力的なプレイを展開できる人というのは一緒に寄り添っているような感覚が味わえて、うまく距離を詰めることができたりもします。

実際に触れることができませんのでもどかしいところはあるわけですが、うまくリードすることができればたとえ離れていたとしても、うまい具合に近くにいるような感覚が味わえるわけです。そうなっていくと何よりも距離が縮まって相手に対する親しみやすさが増します。

■思わず一緒に居たいと思われるかどうか?

テレフォンセックスにおいて居心地がいい空間を作ることができるのであれば、思わず一緒に居たいという風に感じることができるでしょう。そういうスタンスを確立することができれば、リアルに出会うということもできるようになるかもしれません。

■もどかしさを感じられるかどうか?

テレフォンセックスにおいて上手にエスコートすることができれば、一緒に居るような感覚を得ることが可能です。そういう感覚が得られると思わず一緒に居られないことについてもどかしさを感じるかもれません。

テレフォンセックスで触れられないもどかしさを存分に味わう時間を演出する

テレフォンセックスでは当然ながら相手に触れることができません。


Copyright© 2016年8月23日 リアルセックスよりも素敵なテレフォンセックスにする為の心得
http://www.aidsjaago.com All Rights Reserved.